top of page
ダンスをする子どもたち

コミュニケーション × こどもダンススクール

楽しそうに踊るこども

さいたま市 宮原・土呂

からだを通して

コミュニケーションこころを育てる

ダンス教室!

さいたま市 宮原駅 から5分

プラザノースなど

体験レッスンのスケジュール
カラフルな線

​School​コンセプト

ひとりひとりのアイデアでつくる自由なダンスを使って

みんなで創作を行うダンス教室!

バレエやリズムダンスの基礎に触れながら、自由に動くからだを育てて、子どもたちの想像力を引き出します。からだを通しておともだちと関わりながらアイデアを出し合いダンスを創作。

ダンスのレッスンだけでなくこころの芸術表現を学んでいく唯一無にのキッズダンス教室です。

Ettyで育む5つのチカラ!

1 自由な想像

2 ゆたかな表現力

3 軸のある身体能力

4 思いやりのあるチーム力

5 自分でつくる力

教室の雰囲気

子どもたち一人一人との関わりを大切にした、とてもアットホームな教室です。

​たまにヒップホップ、ジャズ、テーマパークパフォーマー、役者など

さまざまなアーテスト​講師が遊びにやってきます。

いろいろなジャンルと出会い、

ダンスが初めてのお子様にも安心してご参加できるように

「楽しく元気に」を大切にサポートしていきます!

カラフルな線

Class​★

クラス

キッズ 1 

幼稚園児4歳~6歳クラス

日曜 9:30-10:25

​月謝  5,000円

​内

遊びを交ながらダンス的にからだを動かしていくクラス。前半は柔軟やステップ練習を行い、後半はからだを使ったゲームやダンス振付け、自分たちでダンス創作など、日によって様々な内容を行います。

・型にとらわれずいろいろなダンスをやってみたいお子様におすすめ!

・音楽に合わせて楽しく踊ることが好きなお子様におすすめ!

​・ダンス初挑戦のお子様にもおすすめ!!

キッズ 2 

小学1~3年生クラス

日曜 10:30-11:30

​月謝  6,000円

IMG_1304.JPG

​内

ダンスの表現に触れるクラス。何かをイメージして動いてみたり、動きできもちを表現するなど、色々なことにトライします。衣装やチラシ作りなど舞台芸術を自分たちでつくることにも挑戦します。

もちろん柔軟、ステップ、体幹トレーニングなど、からだ作りも行います!

・型にとらわれずいろいろなダンスをやってみたいお子様におすすめ!

・舞台を自分たちで作ってみたいお子様におすすめ!

​・お芝居に興味があるお子様にもおすすめ

​ 全クラス毎月4回

(第5週目のある月は1回休みです)

※講師の都合により臨時のお休みを取ることがございます。ご了承ください。

​  その際のお月謝は1回分を差し引いた後金となります。

​ 場所 さいたま市プラザノース 内のお部屋

​※抽選にてお部屋が決まるため、日によってお部屋が違う場合がございます。

 

​ 最寄駅 宮原駅・加茂宮駅

入会金

5,000円

入会特典ダンスシューズセット

プレゼント!!

講師紹介

etty4.png
踊る女性

​こほりまなえ

 大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。幼少期よりクラシックバレエを学び、現在は心を身体に反映させる表現法を追及しながらコンテンポラリーダンスの活動を行う。
​ また小中学校へのダンスアウトリーチ事業にて講師を務めるなどダンスと教育の現場へも視野を広げている。

お問合せ・体験レッスンお申し込み

まずは実際のレッスンをご体験ください。体験レッスンはお一人につき一回まで受講可能です。

​ダンスが大好きなお子様、からだを動かす事が大好きなお子様、ダンスを始めてみたいお子様、お気軽にご相談くださいませ!

レッスンへのおもい

 コミュニケーションダンス教室Ettyはダンスを通して人と繋がることを大切にダンスに取り組む教室です。ステップや振付の練習も行いますが、その他に、こどもたちひとりひとりのアイデアを使ったオリジナルダンス作りや自由にからだを動かしてウォーミングアップを行うなど、色々なレパートリーでからだを動かしていきます。ダンスが好きなお子さまはもちろん

 ⚫︎からだを動かすのが好き!

 ⚫︎ジャンプが大好き!

 ⚫︎面白いことが好き!

 ⚫︎発想力が豊か!

 ⚫︎からだが柔らかい!

などなど、色々な角度からダンスに向えるお子さまとの出会いを楽しみにしています。

 

 

 言葉を必要としないダンスには人と繋がる可能性がたくさんあると考えております。Ettyでは、みんなで踊ったり、ダンスを創ることで人との繋がりを体験していくことを目指しております。

 

 例えば『みんなで踊る』ためには、“みんな”を意識しなければなりません。もちろんダンスの振付がある場合は音楽のカウントによってみんなの動きを揃えることができます。でも、カウントがあっても、たとえなかったとしても、一緒に踊る相手がいるならばその相手に意識を向けて踊ることはとても大切だと思います。

 相手を意識するには空気を感じることや周りを見る力が必要なると考えています。その為にはからだの感覚をしっかり知ることが大切になってきます。Ettyではまず遊びの中で動かすことによって自分のからだへの意識を強くしていきます。ストレッチで自分のからだの柔らかさと硬さを知ることもとても大切なことです。今日のからだの様子、先週との違い…そんなことを感じることで自分のからだへの興味が身近になることを目指します。

 そして、お友達や先生と一緒にペアワークも行います。ここでは自分以外のからたと触れ合うことで、お互いの様子を感じ会えることを体験していきます。このようなワークを体験することで、からだを使って相手を意識する感覚を身につけていきます。そして、みんなを意識しながら踊る楽しさを生み出してけたらとても嬉しいです。

 

 言葉を使わずにダンスだけで繋がる感覚はとても楽しいことです。うまくいけばテレパシーを使いこなしているような感覚になるのではないでしょうか??!

 

 私(講師/こほり)自身、幼少期よりクラシックバレエを学ぶ中で、みんなで踊りを揃えることに楽しさがありました。中学時代に経験したバレエのパ・ドゥ・ドゥなどでは掛け声のない中で、2人で呼吸を合わせて踊ることに感動を覚え、言葉のない中でダンスで繋がる面白さを知りました。大学時代にはミュージカルの勉強に並行してコンテンポラリーダンスに出会いました。このダンスでは、ダンスを通したコミュニケーションがもっともっとたくさんありました。『人と踊ること、自分の身体を感じること』

 今、私がたくさんのダンスに触れて感じることは、この『人と踊ること、自分の身体を感じること』の感覚にもっと小さい時に出会っていたら踊る楽しみ方がもっともっと広がっていたのではないかと言うことです。

 私は小学校や福祉施設で自由なダンス(コンテンポラリーダンス)の教育のナビゲーターに携わった経験があります。こどもたちは始めは「自由なダンス??」と戸惑いを見せますが、やってみるとなかなかに面白いアイデアで自分のからだを動かしてダンスを生み出していきます。こどもたちは大人に比べてからだを使うことがとても上手だと思います。だからこそ、上手にからだを使える時期に、「人と踊ること、自分の身体を感じること」に触れることは大切なのではないかなと思います。

 将来ダンサーになるこどもたちも、そうでないこどもたちも、私たち大人もそうですが、毎日この“自分のからだ”を使って生きています。からだを動かして、からだの感覚を鍛えることはとても大切なことではないでしょうか?私自身は小さい頃からからだを動かしてきて(ダンスをやってきて)とても良かったなと思うことがたくさんあります。人との触れ合いの中にもそう感じることはたくさんあります。

 

 Ettyにやってくるこどもたちにも少しでも私が体験したようなからだの楽しい事に触れてもらって、毎日の生活の中で発見や発想をたくさんしてもらえたら嬉しいと思いレッスンを行っています。

 1番は「楽しく」、ときには「真剣に」。

 みんながからだを使うことでこころが豊かになっていけるようダンスを作っていきましょう!

踊る子どもたち
踊る子どもたち
bottom of page