​2020年1月 初演

ーダンサーと美術家の共同制作による

"生身"を使った身体表現パフォーマンスー

 

纏う身体と舞う身体。

身体から届けるクールなダンスとアート空間。

 

正にこれは、

人間の身体を使った精神と肉体の展覧会だ。

・・・・・

私は癌と診断された入院生活の中で
身体よりも心が先に死に向かいだすことを知った。
私は家庭環境が原因で
裸になって絵の具を纏うまで生きている事を知らなかった。
私達にとって死が待ってくれている事は
とても安心できる事だった。
死ぬ為にこの身体と共に生かされている。

死ぬ為にあるこの身体をどう使うのか。
精神と肉体の可能性を信じ、身体を動かし、他者を纏う。
その中で少しだけ「死」を覗ける気がしてならないのだ。

私達はまだ『生身』に出会っていない

・・・・・

【振付・演出】

庄 波希

​【空間美術】

新宅 加奈子

【出演者】

井場 美穂 黒田 健太 小堀 愛永 児玉 泰地

日置 あつし (友情出演)Daniel (友情出演) 

【スタッフ】

ドラマトゥルク:ハルヒ テクニカルチーフ:杉本 奈月(N2)

ステージマネージャー:川上 真 広報:松村歩美

【主催】

HI×TO

【共催】

​京都芸術センター